the PIXEL MAGAZINE

EVENT ARTIST 2022.06.01

シブヤピクセルアート2022コンテストが開幕!今年は12名の審査員が世界中から集結!

シブヤピクセルアート実行委員会は、今年で第6回目となる「シブヤピクセルアートコンテスト2022(以下、本コンテスト)」を、2022年6月1日(水)0:00より特設ページで開催し、世界中から多様な「ピクセルアート」作品を募集いたします。

シブヤピクセルアート実行委員会は、今年で第6回目となる「シブヤピクセルアートコンテスト2022(以下、本コンテスト)」を、2022年6月1日(水)0:00より特設ページで開催し、世界中から多様な「ピクセルアート」作品を募集いたします。

~ピクセルアートで、世界と再びつながる~

国境や言葉を超えて、世界とつながるピクセルアートコンテスト。 本コンテストは、1990年代のITバブルの時代から「ビットバレー」と呼ばれる渋谷を舞台に毎年開催される「ピクセルアート」に特化したコンテストです。最大の特徴は、国籍・年齢・性別・プロアマ問わず、誰でもTwitterやInstagramを通じて気軽に応募ができる点です。この2年間、コンテストの英語対応や海外審査員の招致など、コンテストの国際化を進めてきました。その結果、コロナ禍の2度の開催を経て、国内外の多くのアーティストやファンが参加し、世界的なアートコンテストへと成長することができました。そして、コンテストをきっかけに多くの人たちがSNS上でつながり、ピクセルアート・コミュニティの活性化に貢献してきました。 今年のシブヤピクセルアートのテーマは、「ピクセルアートで、世界と再びつながる」。 世界は、未だに新型コロナウイルスの脅威にさらされ、それらに追い打ちをかけるように理不尽な戦いと直面しています。あらゆるレイヤーで分断が起こり、恐怖や不安が広がっています。そのような時こそ、「アーティストの表現は、国境や言葉を超えて、人とつながるもの」だということを私たちは知っています。 日々アップデートされる「ピクセルアート」の芸術性や美学を多様な視点で探求する。 今年のコンテストでは、審査員の数を12名に倍増し、その半分をドイツ・スウェーデン・ロシア・カナダ・中国・韓国など海外から招致しています。審査員には、Louis Vuitton Travel Bookの日本版アートワークやアーティストゆずのアルバムジャケットを手掛けたピクセルアート界のレジェンドeBoy、ファイナル・ファンタジーシリーズのアートディレクションを担当し「ドット絵の匠」として広く知られる渋谷員子氏、2016年に開催された企画展「ピクセルアウト」の主催者で、長年ピクセルアートやデジタル表現の価値を追求しているたかくらかずき氏、世界中に20万人以上のフォロワーを持ち日本でも多くのファンを持つwanneella氏、昨年の「ピクセルアートコンテスト」で最優秀賞を受賞したNelson Wu氏など、ピクセルアートの第一線で活躍する方々が参加しています。また、批評家やオーディエンスを審査員に加えることで、現在の「ピクセルアート」の芸術性を多様な視点で探求するコンテストとなっております。

コンテスト概要

【応募要項】 「シブヤ」「生まれたて」「ゲームオーバー」「歌舞伎」「バナナ」のいずれかのテーマ、または、それらの組み合わせを「ピクセルアート」で表現。応募期間中、TwitterまたはInstagramで、「Shibuya Pixel Art」公式アカウントをフォローし、自身が制作したイラスト、アニメ、映像、彫刻、刺繍、写真、ゲームなどを「#shibuyapixelart2022」のハッシュタグと「作品タイトル」を付けて投稿。なお、Limited Pixel Art賞に応募される方は、16×16、32×32、64×64のいずれかのオリジナルサイズを明記してください。 【スケジュール】 一次審査     :2022年8月8日(月)~8月18日(木) 受賞ノミネート展示:2022年9月21日(水)~9月28日(水) 最終審査&表彰式 :2022年9月25日(日)15:00~開催予定           ※全ての賞はここで発表されます。


  • 奥田栄希